酒田五法

酒田五法をマスターしよう!

酒田五法 (さかたごほう)とは、江戸時代の相場師本間宗久によって考案されたローソク足の並びを基本としたテクニカル。罫線分析の基本として非常に有名です。
酒田五法には、五つのチャートパターンがあります。

これらを理解し、活用する事でローソク足の動きが分かりやすく、根拠のないエントリーポイントでポジションを持つ事もなくなるでしょう。

三山(さんざん)

値動きが上昇→下落のパターンが三度続き、一般に天井形成のパターンとしてみなされ、以降は下落と見る。

三川(さんせん)

逆三山とも言う。こちらは値動きが下落→上昇のパターンが三度続き、一般に大底形成のパターンとみなされ、以降は上昇と見る。

三空(さんくう)

何度か上昇・下落を繰り返した後に値動きが上昇傾向(あるいは下落傾向)となり、やがて値動きが落ち着いて上昇・下落が交錯すると三空となる。こうなると相場の傾向が急変する可能性が高く、上昇局面なら売り、下落局面なら買いと反対売買の機会と見る。

三兵(さんぺい)

三本連続で上昇・下落が続くことを指し、上昇が連続すれば赤三兵、下落が連続すれば黒三兵と呼ぶ。

三法(さんぽう)

短い期間に上昇と下落が連続して起こる場合は、売り買いが交錯して方向性が定まらない状態であり、これを三法と呼ぶ。

 

関連記事

ページ上部へ戻る